21歳のハイシニアなシマミケねこ(&時々クロネコ)のお気楽で悠々自適な日々
ありがとうありがとうありがとう


2/5(金)
この日のちょびは、水曜日同様 水も食べるものも一切拒否
まぁ、、木曜日に意外と食べたからなんとなくそんな予感は
してたけども。。
(それでも、ちゅーるもぬるま湯も少しは口にしてた)

日が替わって2時過ぎに、ちょこちょこ食べてたちゅーるを
あげてみたら完食した


2/6(土)
8:30すぎ、ちょびが大好きだったぽかぽかスポットに
寝かせてみた
ニャーと言ったので、ぬるま湯を飲ませてみたら飲み
ちゅーるをあげたら1本完食した
その後、掃除機をかけてる間 ぽかぽかスポットで過ごしてもらい
ついでに外の空気を吸ってリフレッシュしてもらった
リフレッシュしてもらおうと思ったんだけど、、その後はまあまり
飲まず食わず。。
21時過ぎに ちゅーるを1/2本ほど舐め終了


160210-1
 ぽかぽかスポットを満喫中(?)のちょび
 口のまわりが濡れてるのは、ちゅーるを数舐めした後 さっくりとしか拭かなかったからかも。。







2/7(日)
9時過ぎ、天気が良かったので ぽかぽかスポットでしばし
過ごしてもらうことにした
「お水を飲むかい?」とぬるま湯を差し出すと、飲み干した
追加で同量の100ccほどのぬるま湯を差し出したら、さらに
半分ほど飲んだ
「自分でこんだけ飲めるんだねぇ。。すごいねぇ」と声をかけ
ちゅーるもいけるかな?と差し出すが、ちゅーるは ほんの数舐め
程度しか口にせず。。

強制ではなく、自力でここまでお水も飲めるし まだ平気かな。。と
思い、10時ごろ母と買い物に行ってしまった
「ちょっと買い物に行って来るから ねこたつの中で待っててね」と
ちょびに声をかけ、ねこたつに入れ出かけた


お昼過ぎに帰宅
「ちょび、ただいま」と声をかけ、部屋着に着替え ふと見るとおしっこを
していた
「ごめんごめん。。シーツ取り替えなきゃね・・」と ねこたつのちょびを
見ると、、息をしていなかった


母にそのことを伝え、ちょびをねこたつから出してあげた


なんで一人にしちゃったんだろう。。(にあ&いっかくは部屋にいたけども)
なんで出掛けちゃったんだろう。。
ごめんね、一人にしちゃってごめんね。。
ちょびを看取ってあげれなかった。。看取りたかったのに。。


母は「ただいまって声を聞いて安心して逝ったと思うわよ」と言ってくれたけど。。
弟には「おねえ(ワタシのコト)がいたら、ちょびもおちおち死ねなかったから
出掛けたスキに逝こうと思ってたんじゃない?」と言われたり、
友人には「悲しませたくないから一人の時に逝ったんだよ」と言われたけど。。
やっぱり、最期を看取りたかった。。ちゃんとお別れしたかった。。

出掛ける前、ちょびをねこたつに入れる時に「ニャー!」って言われたんだけど
なんて言ったんだろう。。それがちょびがワタシにくれた最後の言葉だったんだけど。。


約1週間、ワタシにお別れの準備をさせてくれたちょび
正直、覚悟はできていた
これで何を差し出しても口にしなくなったら、もうお別れだろう。。と
でも、ぬるま湯を差し出せば自分で飲めてたから(飲まない時もあったけど)
油断してたのかもしれない


ちょびは、とてもキレイで 今にも起きてきそうだった
なんっつってーとか言って起きてきそうだった

最期の夜を一緒に過ごし、荼毘に付してきた


160210-2

荼毘に付し、ようやく気持ちも落ち着いてきた


160210-3

ちょびの大好きなぽかぽかスポットは、にあやいっかくも好きだし。。てコトで
出窓がちょびの居場所になった(ここもシマミケ's好きだけども。。)

ちょび、20年間ワタシを支えてくれて癒してくれて
ありがとう
ちょびには感謝の言葉しか出てこない

今は自由になって、こてつやたりと一緒に遊んでるかな?

またいつでも戻ってきてね。。待ってるよ
大好きなちょび、本当にありがとう








ここから、最期のちょびをアップします







fc2blog_201602100335154df.jpg
 寝ているかのようなちょび



160210-4
 お薬のお供のちゅーる、、たくさん買っちゃったのに。。
 



160210-5
 月曜日のちょび 
 お花と大好きだった焼きかつおとちゅーるを入れたから。。あちらで食べてね
 
 毛並みはいいし ふわふわだし。。ホントに起きてきそうだったな。。
 つか、起きてきてくれてよかったのにな。。





スポンサーサイト







2016⁄02⁄10 11:22 カテゴリー:未分類 comment(8)
▲pagetop












コメント


管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016/02/10 16:44 | [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016/02/10 18:16 | [ 編集]


ちょびちゃん。
土曜日はたっぷり一緒に過ごせて。
日曜日に安心して逝っちゃったのかな。
エライ子だね。スゴイ子だね。

2016/02/10 20:03URL | じぇりぃのまま[ 編集]


猫を愛し、可愛いがったならば、たとえ死に目に会えなくても悔やまなくていい。看取りとは息を引き取る瞬間に立ち会うこととは限らないのだから。
「愛されたペットたちは、死を迎える前に必ず何かしらのお別れのメッセージを飼い主に残していきます。振り返ってみて思い当たれば、そのときが最期のお別れをしたときなんですよ」

って、お坊さんが言っている記事を読んだことがあります。
ちょびちゃん、最後まで可愛いまんまなんだね。ほんと可愛い。。
2016/02/10 20:54URL | ちょんまげ[ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016/02/10 21:47 | [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016/02/12 21:15 | [ 編集]


遅くなったけど、ちょびちゃん、残念だったね。ウチと同じくらいの年齢だったので、ずっと応援してたよ。
ブログの文章からねこむすめさんの愛情が感じられます。20年も一緒なんて、すごいよね。でも、覚悟してたとはいえ、寂しいよね。
可愛いちょびちゃん、向こうでウチの子に会ったらよろしくね。

にあちゃんも、一日も長く元気でいますように。


2016/02/16 23:36URL | ぴぎ[ 編集]

コメントありがとうございます
返事が大変遅くなり申し訳ありません。。


・鍵コメさん
ちょびのがんばりを見守って頂きありがとうございました
ようやく、なんとか気持ちを切り替えられそうな感じです
ちょびに心配かけちゃダメですよね(^^;)


・鍵コメさん
ホント、20年って長いようであっという間ですね
20年間、見守ってくれたし癒してくれてたし
感謝しかないです


・じぇりままさん
土曜日はたっぷり一緒に過ごせました
(1時間ほど散髪に行っちゃったけど。。)
本当にちょびはエライ&スゴい子でした


・ちょんまげさん
そっか。。出掛ける前にコタツに入れる時に
言ったニャーがお別れの言葉だったのかな。。
ちょびは本当に最期の最期まで抜群に可愛かったです


・鍵コメさん
本当に寝てるみたいですよね。。
最期のニャー、そうだといいな。。


・鍵コメさん
弟が言ったように、ワタシがいると逝くに逝けないから
ちょびが買い物に行くように仕向けたんじゃなかろうか。。
と思ったりもしています
この毛色のコは、優しく面倒見がいいですよ


・ぴぎさん
20年もの間、よく付き合ってくれたなーって思います
でも、、正直まだ寂しいです。。
Piggyさんやshibaさんと会ってるでしょうね
あちらは。。賑やかそうですよね(^^;)



2016/03/07 01:51URL | ねこむすめ[ 編集]



コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

 

09 | 2017/10 [GO]| 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事一覧 カテゴリ一覧 コメント一覧 トラックバック一覧 プロフィール リンク一覧
[カテゴリ]
WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ

☆プロフィール☆

☆にあ(シマミケ)
にあプロフ-2
姐さん,気が強い
1995.11.1生



☆いっかく(シマミケ)
イッカクプロフ-2
やんちゃ,びびり
2008.4.25生





【虹の橋】
☆こてつ(Mix犬)
てつプロフ-2
マイペース,がんばり屋さん
1997.12.28~2012.9.1


☆たり(シャムMix)
たりプロフ-2
わがまま,マイペース
1996.7.7~2014.9.19



☆ちょび(ミルクティー&白)
ちょびプロフ-2
温厚,びびり
1995.11.1~2016.2.7




書き人

ねこむすめ

Author:ねこむすめ
一級愛玩動物飼養管理士
ホリスティックケア・カウンセラー


最近のコメント


リンク


ブログ内検索


QRコード

QRコード

RSSフィード


▲pagetop



Copyright © 2017 お気楽な毎日. All Rights Reserved.

template by nekonomimige & blannoin photo by Encyclorecorder